50歳の転職を徹底サポート!情報まとめ

*

50歳転職活動の流れ

 50歳となれば50代に突入することになりますが、50になった途端に転職の厳しさというのは40代より更に激しくなります。やはり50=雇用できる期間が短い、となるからです。

 そのために転職しようと考えるのであれば、若い世代よりも上手に立ち回ろうとしないとあっとい間に60が近くなってしまいます。
 

転職活動の準備

 そもそも何故50になって転職しようと考えたのでしょうか?もうすぐ定年も近くなってきて転職を考えているのであれば、それ相応の理由があるのではないでしょうか。

 そしてその理由は転職活動を継続させるためには重要な動力源となります。自分の目的を忘れないようにして転職活動を続けましょう。
 

【参考記事】
転職準備のタイミング
転職の流れを把握する
転職の期間はどれくらい?
50歳からの体調管理は、もう一段階上のステージへ

求人情報収集

 基本的には求人を探そうとしても50であると見つけるのがかなり厳しい状態となっています。

 そのため転職エージェントを利用するかここまで築いてきた人脈を利用して仕事を紹介してもらう方がいいです。

 そちらであればより確実に自分が採用されるチャンスがある仕事を見つけることができるからです。

【参考記事】
求人情報での仕事探し
転職エージェントを利用しよう
転職サイトのスカウト機能

 

応募書類作成

 この年齢になってどちらも「しっかり」と書けないのは問題外となります。

 転職するとなれば久々に応募書類を書くという人も多いと思われるため、書き方を一から学ぶつもりで調べるといいでしょう。

 そしてできるのであれば転職エージェントを利用して内容の削減と修正をしてもらった方がいいです。

【参考記事】
履歴書の書き方のコツ
応募書類を送る時の注意点
履歴書と職務経歴書の違いを知ろう!

 
 

面接の対策

 50でいい立ち位置にいると思いますが、新しい場所で働くとなれば新人という立場になるため、この面接でも傲慢な態度で受けようとせず謙虚な態度で受けるのが大事です。

 しかし謙虚がし過ぎて自虐的になるのも面接という場では問題外となるため、一歩引きつつ、尚且つ自分の強みをアピールするという心持ちで挑みましょう。

【参考記事】
面接の自己紹介について
面接で聞かれることなど
長所や短所について

 

退職・入社準備

 50歳であればある程度企業側もいなくなる覚悟はできているため円満退職自体は難しいことではありません。

 そうなれば大事なのは退職するまでにやるべきことをやれるかであるため、引継ぎ作業、世話になった企業への挨拶回り等をこなしていきましょう。

【参考記事】
入社手続きについて
入社式の自己紹介
途中入社の注意点
“この転職って失敗だったんじゃ・・・?!”と迷うときにはどうしたらいいの?
会社から引き止めにあったらこの手順で対処してみましょう
退職時の有給休暇取得・消化には注意点がたくさんあります

公開日:
最終更新日:2015/12/03