50歳の転職を徹底サポート!情報まとめ

*

面接で聞かれることなど

   

面接でよく聞かれる質問

 採用面接でよくされる質問の内容は人材それぞれによって異なる場合があります。例えば、50歳近くで転職する場合は体力の有無や病気をしているか否か、家族状況について探りを入れられることがあるでしょう。

 また、会社の管理職や経営陣の一人として仕事を担っている覚悟があるかどうかについても質問がされます。中には答えづらい、こちらにとって不利な質問もいくつかあるかもしれません。しかしそれらの質問にもポジティブな答えを返せなくてはなりません。

 本番で答えを作るのに不安があるなら、事前に練習しておくと良いでしょう。

勤務地や年収に関する質問

 面接では志望動機や自己PR、これまでの経歴の他に、希望する勤務地についても聞かれることがあります。よほどの事情でもない限り、基本的にはどこにでも勤務できると伝えた方が良いでしょう。もしその企業が全国・海外展開をしている大企業の場合、入社してから転勤を余儀なくされる可能性があるからです。

 また、年収についての質問に答えるときにはかなり注意しなくてはなりません。企業としても、給与額に関する質問とその答えはビジネスの場だと考えているからです。相手が提示する額より多い給与を希望しているなら、自分がなぜそれに値するのかを納得させられるようにしましょう。

【関連記事】
面接の自己紹介について
長所や短所について

 - 面接対策

  関連記事

長所や短所について

長所について答える場合  採用面接において自分の長所について述べる場合は、それが …

面接の自己紹介について

事前に準備を  転職活動に限らず仕事探しにおける採用面接は、ぶっつけ本番でできる …