50歳の転職を徹底サポート!情報まとめ

*

退職時の有給休暇取得・消化には注意点がたくさんあります

   

自分で請求しないと取れません

 自分で行動を起こさないと結果がついてこない、それは転職も同じこと。転職の前、会社を辞める時に有給休暇を取りたいと思った時、これも自分から行動を起こさないと、それが実現することはありません。有給休暇は自ら請求しないと与えられないので、「気が引ける」と思う人も多いと思いますが、ここは勇気を出して請求するしかないのです。

 有給休暇の厄介なところは、待っていても与えられるものではないということ。これは退職時も同じ。「有給残っているから、辞める前に与えましょう」なんて言ってくれる優しい企業はほとんど存在しておらず、そこには、「自ら請求する」という高いハードルが待ち受けていることになります。

 是非、それを乗り越え、スッキリとした退職を目指し、気持ちよく転職できるようにしましょう。

急な有給休暇取得はNG

 さすがに社会人を何十年も経験してきた人はないかもしれませんが、退職時の雰囲気や経緯などによっては、急な有給休暇取得を考える人も出てくるかもしれません。退職届を出し、退職日を勝手に決め、そこから残っている有給休暇を引いたら、もう明日から会社に行かなくてもいいと解釈し、「そんな感じでお願いします」と言うのはやはり少し問題が出てくるでしょう。

 有給休暇の取得は確かに労働者に認められた権利ではあるのですが、そこは会社と相談の上、どういったタイミングなら業務や運営に支障が出ないかを考えながら、退職届の提出のタイミング、退職日、そして有給休暇の取得日数などを決めていく必要が出てきます。

 そうした最低限のルールは守りながら、できるだけ多くの有給休暇取得を目指さなければなりません。

有給消化しないとどうなる?

 有給休暇、そもそもこれを取得しないで辞めていったら、どうなるのでしょうか。どうにもならない、というのが答えでしょう。

 敢えて言うとすれば、損をした気分になります。ポジティブに考えれば、円満退職になるなら良しとしよう、となるかもしれません。

 会社を辞めれば消滅する有給休暇。会社側としては消化しないまま辞めてもらいたいと願うでしょうが、それに対してあなたがどう思うか。結局はこれが退職時の有給消化が有りか無しかを決めるのではないでしょうか。

【関連記事】
入社手続きについて
入社式の自己紹介
途中入社の注意点
“この転職って失敗だったんじゃ・・・?!”と迷うときにはどうしたらいいの?
会社から引き止めにあったらこの手順で対処してみましょう

 - 入社準備をする

  関連記事

途中入社の注意点

謙虚な行動を心がけて  中途採用を経て入社してきた人材は、その企業では新入社員と …

no image
“この転職って失敗だったんじゃ・・・?!”と迷うときにはどうしたらいいの?

 転職してから3か月くらいたった時期は“心に魔がさす時期”でもあります。  次第 …

入社手続きについて

雇用条件をチェック!    憧れの企業から中途採用の内定をもらい、入社する前に確 …

会社から引き止めにあったらこの手順で対処してみましょう

引き止めや慰留については素直にお礼を  スムーズに退職できないことほどストレスを …

入社式の自己紹介

入社式の自己紹介は簡潔に  途中入社の入社初日には入社式が行われますが、さして大 …