50歳の転職を徹底サポート!情報まとめ

*

転職で重視される能力とは?

   

xf0635071280l

1.中高年への期待度は高い
 転職しようと活動中のあなたは、これまで役職者として、マネジメントを行った経験がありますか?
 企業が中高年の中途採用者を入社させるときには、即戦力として実績につながる専門スキルだけでなく、管理職としてマネジメントができる能力を求める傾向が強いです。
 高い人件費に比例して、期待度もあがるということです。
 では、企業が40代に求める能力には、どんなものがあるのでしょうか。

2.40代までに身につけておくべき能力とは?
 40代以上の求職者が転職する際、身につけておくと有利な能力を考えてみましょう。
 ★ここがポイント!
  ・戦略をたてて、同時並行で物事を進められる能力
  ・メンバーの意欲を高め、チームとしての力を引き出せる、コミュニケーション能力
  ・先を読み、いざというときに重要な決断を下せる判断力
 つまり、個人ではなく、責任を持って組織を動かせる能力が求められるということです。

3.どんな場面で活かされる能力なのか
 転職先に入社すると、40代以上には責任が伴うミッションが与えられます。ミッションは一つではありませんから、それぞれのスケジュールや人員配置、予算、想定されるトラブルと対処法などを勘案しながら、同時並行で物事を進行させていく能力は不可欠です。
 また、与えられたミッションを個人で達成するのではなく、世代の違うメンバーと協働しながら、共通の目標として認識させ、力を引き出すために意思疎通がはかれる、コミュニケーション能力が必要です。
 そして40代以上に何よりも求められるのが、重要な場面で、状況分析をしっかりと行い、メリット・デメリットを判断したうえで、決断を下せる能力です。そこには大きな責任が伴いますし、あなたの決断がいつも周囲に支持されるとも限りませんが、決めたことを撤回しない強さを持ち続けなければなりません。
 こうした能力を持っていれば、転職先でも一目置かれる存在になれるはずです。 

いざというときに困らないために
 40代以上の転職希望者に求められる能力は、あなたが考えていたことより、高いものだったかもしれません。
 こうした能力は短期間で育み、磨かれるものではなく、あなたの価値観や仕事への志向性が現れるものです。
 いざというときに困らないためにも、日ごろから自分を律して、人間力を磨くよう心がけておきましょう。

 - コラム

  関連記事

af0100007329l[1]
中高年の転職は時代が変化している今がチャンス

1、中高年の転職事情は変化している  民主党から自民党への政権交代で2013年は …

af0100002843l[1]
転職は在職中に探す?退職後に探す?

職種によって就職活動のスタートを考えよう  転職を考えたときに、転職活動をスター …

af0100038014l[1]
高齢者の転職は生き甲斐探し

1.高齢者の転職も当たり前の時代  高齢者とは世界保健機関(WHO)では65歳以 …